HOME > 医療ニュースMENUNo.M006472

2009/02/23(月)

No.M006472

産科医療補償の原因分析 7月から実務運用目指す 日本医療機能評価機構
KEYWORD産科医療

日本医療機能評価機構は18日、「産科医療補償制度原因分析委員会」(委員長・岡井崇日本産科婦人科学会常務理事)の初会合を開き、原因分析報告書案作成マニュアルの作成、情報収集のあり方などを検討した。補償制度の原因分析では、過失の有無の判断が困難となる場合が多い分娩時の医療事故の原因を分析し、産科医療の質を向上させるのが狙い。同機構は、7月から実務運用を目指している。

医療・健康new:MENU1
医療・健康new:MENU2
医療・健康new:MENU3
医療・健康new:MENU4
医療・健康new:MENU5
医療・健康new:MENU6
医療・健康new:MENU7
医療・健康new:MENU8
医療・健康new:MENU9
医療・健康new:MENU10
医療・健康new:MENU11
医療・健康new:MENU12
医療・健康new:MENU13
医療・健康new:MENU14
医療・健康new:MENU15
医療・健康new:MENU16
医療・健康new:MENU17
医療・健康new:MENU18
医療・健康new:MENU19
医療・健康new:MENU20
医療・健康new:MENU21
医療・健康new:MENU22
医療・健康new:MENU23
医療・健康new:MENU24
医療・健康new:MENU25
医療・健康new:MENU26
医療・健康new:MENU27
医療・健康new:MENU28
医療・健康new:MENU29
医療・健康new:MENU30
医療・健康new:MENU31