HOME > 医療ニュースMENUNo.M005690

2008/12/01(月)

No.M005690

「人的・資金的問題であれば政治的取り組みで解決する」 厚労省懇談会で舛添大臣発言
KEYWORD周産期医療|救急医療|医師確保

受け入れ拒否で妊婦が死亡した事件を受け設置された厚生労働省の「周産期医療と救急医療の確保と連携に関する懇談会」(座長・岡井崇昭和大学医学部教授)は25日、座長が示した今後の対策についての骨子案などを基に議論を行った。懇談会の中で、舛添要一厚労相は、「医療提供者の負担が増すような提案はやめてほしい」との注文を出した。また、懇談会がまとめる予定の提言については、「人的・資金的問題であれば政治的取り組みで解決する」とした上で、「診療報酬体系でしか片付けられない問題もある。診療報酬を中医協でしか変えられないのは疑問」とかねてから問題視していた中央社会保険医療協議会のあり方についても言及した。

医療・健康new:MENU1
医療・健康new:MENU2
医療・健康new:MENU3
医療・健康new:MENU4
医療・健康new:MENU5
医療・健康new:MENU6
医療・健康new:MENU7
医療・健康new:MENU8
医療・健康new:MENU9
医療・健康new:MENU10
医療・健康new:MENU11
医療・健康new:MENU12
医療・健康new:MENU13
医療・健康new:MENU14
医療・健康new:MENU15
医療・健康new:MENU16
医療・健康new:MENU17
医療・健康new:MENU18
医療・健康new:MENU19
医療・健康new:MENU20
医療・健康new:MENU21
医療・健康new:MENU22
医療・健康new:MENU23
医療・健康new:MENU24
医療・健康new:MENU25
医療・健康new:MENU26
医療・健康new:MENU27
医療・健康new:MENU28
医療・健康new:MENU29
医療・健康new:MENU30
医療・健康new:MENU31