HOME > 医療ニュースMENUNo.M005654

2008/11/27(木)

No.M005654

2学会で「母体救命救急体制整備」を提言 日本産科婦人科学会、日本救急医学会
KEYWORD母体救命救急体制整備

日本産科婦人科学会と日本救急医学会は18日、地域母体救命救急体制整備の基本的枠組み構築に関する提言をまとめ、厚労省に提出した。提言では、「救急医療は地域医療であり政策医療である」を基本的な考えとし、適切な医療のための環境整備は「国及び地方自治体の責任で行われるべき」とした。検討すべき課題として、▽国及び都道府県における母体救急担当部署と責任体制の明確化▽救急医療体制整備の検討▽都道府県における周産期医療関係者と救急医療関係者の交流促進▽地域における周産期医療施設と救命救急センターの配置、連携に関する基礎調査▽周産期医療関係者と救急医療関係者の症例検討の実施▽施設内連携を深める方策についての検討▽救急医療の基盤を強化するための施策の遂行▽都道府県における母体救急連携システムの立案、構築―を求めた。

医療・健康new:MENU1
医療・健康new:MENU2
医療・健康new:MENU3
医療・健康new:MENU4
医療・健康new:MENU5
医療・健康new:MENU6
医療・健康new:MENU7
医療・健康new:MENU8
医療・健康new:MENU9
医療・健康new:MENU10
医療・健康new:MENU11
医療・健康new:MENU12
医療・健康new:MENU13
医療・健康new:MENU14
医療・健康new:MENU15
医療・健康new:MENU16
医療・健康new:MENU17
医療・健康new:MENU18
医療・健康new:MENU19
医療・健康new:MENU20
医療・健康new:MENU21
医療・健康new:MENU22
医療・健康new:MENU23
医療・健康new:MENU24
医療・健康new:MENU25
医療・健康new:MENU26
医療・健康new:MENU27
医療・健康new:MENU28
医療・健康new:MENU29
医療・健康new:MENU30
医療・健康new:MENU31